このブログは、『育児・妊娠・出産に関する体験談』『子供にまつわる薬に関する情報』を中心に提供していきます!

更新タイミングを見逃すな!得する為の自動車保険見直し【体験談】

しちのアイコン画像しち

こんにちは、しちです。

しちのアイコン画像しち

自分に自動車保険更新の時期が来ました。

今までは毎年等級が上がることで支払額が減っていって得だなとしか思わず、ただ何も考えずに自動更新。

CMでもよく目にするネット保険が気になったのと、今年は結婚出産を機に倹約を意識し自動車保険見直す事にしました。

元々の代理店型保険をネット型保険のソニー損保に切り替えを行った結果、約85,000円/年から約55,000円/年と約30,000円/年の節約になりました。

人によってはまだ高いと思う人もいると思います。

保証内容はしっかりと検討し必要な保証は手厚く、不必要なものは削った結果です。

こんな方に読んで欲しい

  • 自動車保険料を下げたい
  • 自動車保険の補償内容を知りたい
  • ネット型の特徴を知りたい
  • ちょうど契約更新時期である
目次

そもそもネット型自動車保険とは?

代理店型とネット型を比較してネット型が安い理由

簡潔にすると代理店を通さない分、手数料や人件費、賃料などを安く出来るから。

純保険料という部分に関しては代理店型もネット型もほとんど差がないとされています。

しちのアイコン画像しち

つまり、事故が起きた時の補償額などはどちらも変わらないということですね。

ネット型のデメリット

事故が起きたときの補償については大きく変わらないが、デメリットはあるのか。

強いてあげるとすると、代理店が存在しない為、対面で相談する事ができないということが挙げられます。

補償内容を決める時は面と向かってという方は不向きだと思います。

しちのアイコン画像しち

自分は対面でなくてもいいと思ったので問題なくネット型に切り替えられました。

自動車保険の補償内容について

補償内容にはどういう項目があるのか

ここでの補償内容によって金額が変動するので、1つ1つ項目を自分にとって補償しておくべきかどうかを考える必要があります。

相手方への補償

対人補償・対物補償です。

ここはいざって事を考え、無制限にしておくべきだと思います。

仮に、自動車事故で空いてを死亡させてしまった場合や、踏切で立ち往生し電車を衝突したなど最悪の場合、必要な金額が数億にもなることがあります。

しちのアイコン画像しち

自分はもちろんどちらも無制限にしました。

自分の車の補償

車両保険です。

車買ったばかりという方はつけておいても良いと思いますが、倹約したいのであれば基本的になしでいいと思います。

補償入ってないと思うと意識して運転する事ができ事故も抑制できるはずです!

そう言いながら、3年半前に新車購入した6人乗り普通車を愛車にしている自分は車両保険をつけました。(10年は最低でも乗りたいので大事にしたい。。。)

自分や同乗者の補償

人身傷害搭乗者傷害があります。

保険会社のプランにもよりますが、補償内容が重複している事があります。

詳しく記載すると難しいので簡潔にですが、

人身傷害は自分と家族のケガに備えるもので、単独事故や当て逃げなど運転中だけでなく、歩行中にも適応されて補償がでるもの。

搭乗者傷害は、自分や家族、他人など車に乗っている人への補償がでるもの。

いざって時に二重で補償金がもらえますが、負担額も高額になるので補償がどこまでの範囲なのかをきちんと確認しておきましょう。

しちのアイコン画像しち

人身傷害を車内+車外どちらのも適応されるものを選択し、搭乗者傷害は未加入にしました。

その他・オプション

弁護士費用特約個人賠償責任補償特約などです。

どちらも配偶者や家族が加入していれば不要なものになります。

弁護士費用特約は、火災保険や傷害保険などについていれば交通事故で使用できることがあるのでそちらも確認しておくと二重加入しなくて済みます。

個人賠償責任補償特約は、自動車だけでなく日常生活の中でも役に立ちます。

たとえば、自転車で人をはねた・飼い犬が他人を噛んだといった事案も対象になります。

しちのアイコン画像しち

はちがどちらも加入済みで等級が上なので、はちの両特約を継続にする事で自分は未加入にしました。

自動車保険会社でソニー損保選んだ理由

前項目条件と自分の等級や走行距離等情報を踏まえて保険会社選択しました。

ネット型を比較

ランキングサイトを参考に比較することにしました。

参考にしたのは、オリコン顧客満足度・価格.com・保険市場等のサイトです。

しちのアイコン画像しち

値段も判断基準でしたが、事故に遭った際の対応やオプションも検討材料にしました。

ソニー損保の魅力

頼れる事故解決サービス

24時間・年中無休の事故受付、専任の担当者がついてくれてその日のうちに相手方・病院・代車・修理工場への連絡をしてくれるそうです。

自分の今までの保険が平日対応で土日は受付だけだったので切り替えした事で安心感増しました。

セコム事故現場かけつけサービス

このサービスがソニー損保に決めた理由の1つです。

しちのアイコン画像しち

今まで事故に遭った事がないので、いざって時はパニックになったりするかもしれないのでこのサービスは魅力的です。

充実のロードサービス

遠方で車に乗れないほどの事故に遭った場合でもレッカーけん引がついているのは安心できますね。

このサービスがないネット型保険会社はもっと値段が安くなったので、かけつけサービスと共に不要であれば別な保険会社の方が良いかもしれないですね。

無事故割引・インターネット割引

合計12,000円割引になるのは非常に大きいです。

この割引が適応され複数候補のうち一番金額が安くなったのでソニー損保で確定しました。

ただし、割引は初年度だけの場合がほとんどなので翌年以降いくらかかるかも確認しておくことが大事です。

高い顧客満足度

公式サイトやランキングサイトにも高い顧客満足度で評価されているのもメリットですね。

しちのアイコン画像しち

特に事故対応満足度が第1位という事でいざって時に頼れそうです。

事故になった時に酷い対応されたら悲しくなりますよね。

自動車保険を契約する時の注意点

契約に必要なもの

  • 現在加入している保険証券
  • 車検証
  • 支払い方法

基本的にこれだけあれば大丈夫です。

ネット保険の申し込みは、得することが多い為ネットでやりましょう。

支払い方法は保険会社にもよりますが、ソニー損保では、下記5つから選択できます。

  • クレジットカード払い
  • コンビニ払い
  • 払込票での支払い
  • 銀行振込
  • インターネットバンキング払い

クレジットカード払いの場合は毎月払いにすると1回払いより5%高くなる為、1回払いにするのがおすすめです。

契約完了後は前の保険更新を止めるのを忘れずに

前の保険に自動継続特約などがあり、手続きなしの自動更新になっている場合は、自分で更新しない旨の連絡・解約手続きが必要です。

ギリギリのタイミングになると更新処理が完了してしまい、間に合わない可能性がある為余裕を持って対応しましょう。

しちのアイコン画像しち

1週間前に連絡しましたが、あと1日遅かったら更新処理が完了するところでした。。。ギリギリのタイミングでした。。。

切り替え時に空白期間があると大変な事に

自動車保険には等級によって保険料の割引・割増があります。

保険契約解約から次の契約まで期間が空く場合、等級の引き継ぎが行われず最初の等級まで下がります。

原則7日以内の期間であれば問題ないですが、もし超えるようであれば中断証明書を取得すると10年程度まで等級引き継ぎ期間を延長できます。

更新タイミング以外の切り替えで損をする可能性

更新タイミングがチャンスとタイトルにも記載しましたが、更新タイミングで保険切り替えを行うと、事故がなければ等級が上がり割引率が高くなります。

一方で、満期でない保険期間途中で切り替えした場合は、現在の等級をリセットした状態から契約スタートする事になります。

その分等級が上がる日にちが遅くなり割引率が下がるのが遅くなり損をします。

逆に事故にあってしまった場合は、いつのタイミングで切り替えてのその時点で等級が下がる為、満期で切り替えた方が下がるタイミングを遅くすることができます。

自動車保険更新についてのまとめ

ネット型保険とは?
代理店を通さない分、手数料や人件費、賃料などを安くしてる保険。
純保険料は変わらない為補償内容は大きく変わらない。

補償内容について
対人・対物補償は、無制限で加入しておきたい。
車両保険は、基本的になしがおすすめ。
人身傷害と搭乗者傷害は、重複している事があるので詳細確認しておきたい。
弁護士費用特約や個人賠償責任補償特約は、家族の誰かが加入していれば補償受けられるので不要。

契約時に必要なもの
現在加入している保険証券、車検証、支払い方法(クレジットカードのみ)

まずは自分の満期・更新日がいつか確認してみてください。

もう少しという方であれば保険料削減のチャンスですよ。

しちのアイコン画像しち

保険会社にもよりますが、満期3ヶ月前から手続き可能です。

ぜひ参考にしてください。

よければポチッとしていってください!

目次
閉じる