このブログは、『育児・妊娠・出産に関する体験談』『子供にまつわる薬に関する情報』を中心に提供していきます!

【結論】少しでも悩むのであれば、夫は立ち会い出産するべき!

しちのアイコン画像しち

こんにちは、しちです。

妊娠が判明し、月日が経つ毎に出産について話をしていくと思いますが、夫は出産に「立ち会うのか」「立ち会わないか」の相談をする時が来ると思います。

しちのアイコン画像しち

自分は最初、立ち会い出産するつもりはありませんでした。

結果的に、立ち会い出産をしたのですが、非常に感動して我が子と嫁を愛おしく思えました。

しちのアイコン画像しち

なぜ急に心境が変わったのか、その体験から思った事を伝えさせてもらいます。

こんな方に読んで欲しい

  • 立ち会い出産をした体験談、感想を知りたい
  • 立ち会い出産を決めた理由を知りたい
目次

立ち会い出産しないと決めた理由

私たち夫婦は、ネットや本などの情報を見た上で相談を繰り返し行い、2人とも立ち会い出産はしないと決めてました。

はちのアイコン画像はち

立ち会い出産を希望しないという事は、バースプランに記載しました。

その理由は、

  • 想像以上に壮絶で見てられなくなる可能性がある
  • 出産時の臭いが強烈で耐えられるか不安
  • 妻(はち)を女性として見れなくなる可能性がある
  • 恥ずかしい姿を見てしまう可能性がある
  • 邪魔になるのではないだろうか
  • 血が苦手
しちのアイコン画像しち

その一方で、新しい命に出会える瞬間に居たいという気持ちももちろんありました。

立ち会い出産になった心境の変化

いざ出産となり、陣痛で苦しむ妻の姿をずっと隣で必死で励まし、サポートしました。

しちのアイコン画像しち

長時間の陣痛で苦しむ妻の姿を見続けて、一緒にずっと頑張ってきたという事で最終的に最後まで一緒にいたいと思う気持ちになってました。

分娩室へ移動する際、助産師さんに

 のアイコン画像 

「本当にここまででいいですか? 最後まで見届けてみませんか?」

という言葉をもらった自分。

しちのアイコン画像しち

最終的に立ち会うかどうか悩んでいた自分に背中を押してくれた一言でした。

考えていた不安などは全く頭になく二つ返事で立ち会う事を決め、分娩室へ移動しました。

立ち会い出産での夫

立ち会い出産で夫は何をすればいいのか

いざ分娩室に行ってどうすれいいのか?とわからなくなると思います。

しちのアイコン画像しち

自分もそうでした。。どうすればいいんだろう?

実際、男性は妻を励まし見守ることしかできず・・・

なにも出来ません!!

しちのアイコン画像しち

自分は妻が手を握ってて欲しそうだったので、手を握って支えました。

あとから妻から聞いた話では、一番手を握ってくれたのが嬉しかったということです。

隣にいるという安心感を与える事で心理的サポートになると思います。

他にできることは、

  • 呼吸法をリードしてあげる
  • 汗を拭いてあげる
  • 飲み物を飲ませてあげる
  • ビデオカメラで録画する

といった内容がありますね。

不安に思っていた事は立ち位置でほぼ解決できる

しちのアイコン画像しち

部屋に入ったあとに、不安が再度よぎったのですが、妻の頭の脇にいてあげている事で、特に気にならずに済みました。

出血は直接見えないし、臭いも近くないため気にならず、医師や助産師の邪魔にならずに済みました。

部屋の大きさなどによっては多少影響するかもしれませんが…

よくドラマとかで股の方にいたり医者の後ろにとかみていたので、その印象がありましたが私たちの病院では違ってました。

(病院によって方法が違う可能性があるので確認の必要があります。)

ただ、妻が激痛で泣き叫ぶ姿をみたり、尿や便する姿を目にする事になるかもしれません。

それが絶対嫌という方であればオススメできません。

立ち会い出産した事でのメリット

我が子をより愛しく思える

しちのアイコン画像しち

実際に妻の身体から我が子が出てくる瞬間を目の当たりにするのは、これ以上ないくらい感動しました。

百聞は一見にしかずということわざがあるように、直接自分の目で確認できる事で自分たちの子供なのだなと強く認識できます。

その意識が芽生える事でより一層の愛情を持って接する事ができます。

夫がパパとして自覚を持ち、子育てを積極的になるきっかけになります。

夫婦の絆がより深まる

長い時間苦しんで産んでくれた妻に対して、言葉では言い表せない感謝の気持ちが芽生えます。

そして、より妻の事を大事に思えるようになります。

まずは労いの言葉をかけてあげましょう。

しちのアイコン画像しち

自分はずっと泣きながらありがとうと言い続けてました。

出産の記録を残せる

出産直後から写真や動画を撮ることができたので、産まれた直後の母子対面や体重測定の瞬間の記録を残すことができました。

しちのアイコン画像しち

立ち会い出産でなければ、記録を残すことができないので非常に良かったです。

病院によっては、分娩室での写真やカメラ等が一切禁止の場所もあると思うので確認が必要です。

まとめ

立ち会い出産時に気になっていた事
 ⇒いざ体験すると気にならなくなる

立ち会い出産のメリット

  • 我が子をより愛しく思える
  • 夫婦の絆がより深まる
  • 出産の記録を残せる
しちのアイコン画像しち

私たち夫婦は最初立ち会い出産に否定的でしたが、実際に立ち会い出産した感想は、非常に良かったという一言です。

ただ、妻が激痛で泣き叫ぶ姿をみたり、尿や便する姿を目にするのが絶対嫌という方にはオススメできないと思います。

妻が妊娠し出産するということは、奇跡で人生でそう経験出来ない事だと自分は思います。

産まれてくる瞬間を妻と一緒に共有できる!素晴らしい経験だと思うので夫婦で話し合って決めてみてください。

色々な意見があると思いますが、悩んでる人はぜひ前向きに検討してくれればいいなと思います。

よければポチッとしていってください!

目次
閉じる