このブログは、『育児・妊娠・出産に関する体験談』『子供にまつわる薬に関する情報』を中心に提供していきます!

アンサングシンデレラ第3話を鑑賞して【登場した薬について薬剤師が説明します】

しちのアイコン画像しち

こんにちは、しちです!

ドラマのアンサングシンデレラ観てますか??

自分は薬局薬剤師という仕事柄もあり、勉強も兼ねて観てます。

普段の業務中に患者さんから何か言われる可能性もあるから知らないとという気持ちもあります。

ただ、患者さんからドラマに関する話を言われることほとんどないんですけどね笑

前置きはこれくらいにして、今回はアンサングシンデレラ第3話を観て、今回も色々な薬が登場しました。

今回登場した薬についての説明と薬局薬剤師としての簡単な感想を書いていこうと思います。

目次

アンサングシンデレラ第3話の概要

葵みどり(石原さとみ)は相原くるみ(西野七瀬)と救急センターの調剤室で仕事中。すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。

調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を販田聡子(真矢ミキ)が諫める。

みどりとくるみが、新田に服用している薬について聞くと、新田は大量の薬を出した。なかには日付の古い薬がある。また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、みどりが制した。みどりたちが新田の病室を出ると、ひとりの児童がいる。新田の教え子らしいが、声をかけると帰ってしまった。

錠剤を割る処方は、その薬剤で行ってはいけないもの。みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけ。それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。躊躇しながら店内に入り、薬剤師を探すみどりに声をかけた店員は『娘娘亭』で顔見知りの小野塚稜(成田凌)だった。小野塚が薬剤師だということを隠していた事、新田の薬について電話で応対していたのも小野塚であった事に憤るみどり。しかし、小野塚も病院薬剤師を嫌っている様子で…。

アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 – フジテレビより引用

小野寺(成田凌)の正体がわかりましたね。

ドラッグストアの薬剤師でした!

今回は、ドラッグストア薬剤師と病院薬剤師のそれぞれの立場からの主張がメインの話だったように思いました。

最後の新田(浅利陽介)のシーンはなかなか感動です。

自分は原作の漫画も読んでるので内容知ってましたが、ドラマになると感じ方また違います!

漫画でアンサングシンデレラを読むならこちらから

↓ドラマ見逃したって方はこれで観れます

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

アンサングシンデレラ第3話に登場した薬について

アダラートを半分に割ったのはなぜ良くないのか

ドラマで一番問題になっていた薬剤ですね。

ドラマで出ていたのは、アダラートはCR10mgという薬剤でした。

アダラートは、血圧を下げてくれる薬です。

実はこの薬いくつか種類があります。

アダラート(一般名:ニフェジピン)

  • カプセル:5mg、10mg
  • L錠:10mg、20mg
  • CR錠:10mg、20mg、40mg

このLというのは、Long Active(長時間作用)の頭文字で、CRはControlled Release(調節された放出)の頭文字になります。

Lは1日2回、CRは1日1回で飲めるように製造工夫された薬なんです。

半分に割ったり砕いたりすると、製造工夫されたものが損なわれてしまいます。

長時間ゆっくり効くはずが一気に薬の効果が発現するようになり急激な血圧低下などのリスクになるのです。

だから、ドラマのシーンでは葵含めた病院薬剤師スタッフが怒っていたということになります。

ちなみに、アダラートはすべての製剤が半分に割ったり粉砕することができないです。。。

レナジェルを食直前に飲むのはなぜ?

ドラマでは食後に一包化していて問題になってました。

レナジェルとは?

  • 成分名:セベラマー塩酸塩
  • 作用: 体内でリン酸と結合してリン吸収を抑制する
  • 特徴: 他の薬剤の吸収を低下させる可能性があるため, 食直前で服用する
  • 特徴: 体内への吸収が低く,安全性が高い

身体の中のリンという物質を吸収させないようにする薬なのですが、他の薬とくっついてしまう可能性があるため食直前に飲む必要があるのです。

ちゃんとした理由があって食直前に飲む必要がある薬なんです。

(ドラマでもあったように透析の方は薬を多く飲む必要があり、飲み忘れが酷いのであれば食後にまとめて飲むという現実があるのも事実。。。)

フェロ・グラデュメットの吐き気

新田奏佑(浅利陽介)が、ゲロゲロ先生と言われる原因となった薬ですね。

フェロ・グラデュメットなどの鉄剤は、鉄が胃への刺激になることから吐き気や腹痛やむかつきの症状が出る方がいます。

副作用を抑えるのに、胃粘膜保護するような胃薬が一緒に処方されることが多いです。

その胃薬を飲んでも症状を訴えること方はいらっしゃいます。。。

ただ、ずっと続く副作用ではなく、慣れてくると治まってくる方が多いです。

そのためしばらく飲み続けてもらうという対処をすることもあります。

しちのアイコン画像しち

自分の感覚では1週間くらいで気にならなくなったと話してくれる方が多いですね。

ちなみに、このフェロ・グラデュメットはプラスチック格子のなかに鉄が入った赤色の薬剤なのですが、そのプラスチック格子は溶けずに便と一緒に排泄されます。

その便で排泄される感じが嫌で、フェロ・グラデュメットから変更を希望される方もいます。

トローチになぜ穴が開いているのか?

ドラマの最後部分に、小野寺が葵に問題を出してましたね。

まさか答えを言わないとはっ!と思いましたけど笑

自分が常識過ぎて答えなかった葵の代わりに答えをここに書きます。

トローチに穴が空いている理由は、間違ってそのまま飲み込んだとしても息ができるようにするためです!

普通の飴はそのまま飲みこんでしまうと気道が詰まるリスクがありますが、穴が開いてれば空気が塞がることがなく心配ないですよね。

しちのアイコン画像しち

嫁のはちさんは、舌を入れて遊ぶためじゃない?と言ってたけどそうではありません。

アンサングシンデレラ第3話を薬局薬剤師から見た感想

病院薬剤師とドラッグストア薬剤師のそれぞれの立場からの主張があった回でしたね。

薬局薬剤師はどちらかというとドラッグストア薬剤師に近い立場にいるので、小野寺が話してた内容はよくわかるなと思って見てました。

調剤して、薬をお渡しして、患者さん毎の薬の記録を残して、薬の期限や品質の管理をして、レセプト(保険分の金額支払いを請求する業務のこと)を送って。。

確かに色々やることがあって忙しいのは事実です。

周りの目に見えるのはほんの一部分だから、同じ薬剤師でも病院やドラッグストアや薬局などの薬剤師がどんな仕事をしてるのかちゃんと理解してないもんなのですよね~

もっと同業者のことを知るように動いて、また働きかけていかないとと感じました。

ただ、立場は違えど、どの立場でも患者のためを考えて仕事するのは同じですね!

そのことを今回の話で再認識できました。

葵や小野寺のような行動を取れるかと言われると、即座に「もちろん!」と言えない自分が恥ずかしいですが。。。

小野寺のようにもっと薬や病気について勉強しよう。。。とも思いました。

今回はこのくらいにします。

薬について少しでも感心を持ってくれたら嬉しいです!

次の記事でお会いしましょう~。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

よければポチッとしていってください!

目次
閉じる